自分にあった商品の選び方

意外と知らない裏技

胸を測る人

ブラジャーを購入するとき、気に入ったデザインはあるのだけど、自分のサイズが無い、売り切れているといった経験は無いでしょうか。 こういった時にどうすれば良いかというと、それは「自分のブラジャーのサイズより1つカップ数を下げて、アンダーを1つあげる」もしくは逆に「1つカップ数を上げて、アンダーを1つ下げる」このどちらかをして購入すればよいのです。例えば、普段C70のブラジャーを着用している方でしたら、B75もしくはD65を着用すればよいということなのです。 何故、このような代替サイズで対応できるかというと、ブラジャーのカップの容量は数パターンしかなく、カップ数とアンダーを1つ上げ下げさせた時のカップの容量は実は同じなのです。つまり、異なるのはアンダーのサイズだけ。ついついカップ数を重要視しがちですが、ブラジャーで重要なのはアンダーサイズの方という訳です。したがって、自分が普段つけているサイズがないという時は、カップ数に合わせてアンダーを調整すると違和感なく着用することができます。また、ブラジャーを着用しているときに、カップの大きさは合っているのだけど、アンダーが少し締め付けられるような感じ、キツい感じがするというときも、アンダーのサイズを大きくして、カップ数は1つ下げればよいということです。この代替サイズのことを知っておけば、自分に合うブラジャーも見つけやすくなります。しっかりとバストサイズをお店の人に計測してもらい、自分のジャストフィットのサイズを把握して、調節していくのがおすすめです。

自分に合ったものを選ぶ

胸を測る人

ブラジャーは様々なデザインや素材、サイズ展開も豊富なので自分に合ったものをしっかりと選べます。なので、胸を美しくみせるためにも、普段からしっかりとブラジャーを着用しておくことは大切なのです。また、サイズもきちんと自分に合ったものを選ばないと将来胸が垂れてしまったりなどトラブルの原因になるので注意が必要です。自分の胸のサイズが分からない場合は、下着屋さんなどに行けばきっちりと測ってくれます。そして、サイズに合ったブラジャーを選んだりしてくれたりするため、失敗することなく買い物することが出来るので安心です。しかし、体型の変化などでバストサイズは変わってきますから、こまめに測ってもらうことも重要です。ブラジャーのデザインによっては普段着用しているサイズと同じでもフィットしないこともあります。そのため心配な場合は、スタッフに聞きながら購入すると良いです。実際に店舗に行けば、自分で手に取って確認しながら買い物できるため安心です。ですが、中々買い物に行けない時などは、通販サイトを利用するのも便利だと思います。通販サイトには、他には取り扱いのないようなデザインのものがたくさんあるのでより自分好みのブラジャーを探せます。また、口コミ情報もしっかり掲載されていたりするので、色んな商品と比較しやすいのもポイントです。サイズも豊富なので、自分に合ったものを選んで買うことも可能です。ランキングなども掲載されているため、トレンドを意識しながら買い物を楽しむこともできて素敵です。

フィット感が決め手

胸を測る人

バストのシルエットを整えてくれるブラジャーは、ひとりひとりのバストの大きさや形に無理なくフィットする商品を選ぶことが大切です。豊かなバストには安定感のあるフルカップ、小ぶりなバストにはカップに適度な厚みがあるタイプのブラジャーが適しています。どのようなタイプでも、大きすぎるサイズや小さすぎるサイズのブラジャーを着けていると、バストの形を崩してしまう原因になりますから注意が必要です。正確なサイズを計測することがブラジャー選びの第一歩ですが、女性のバストのサイズは、体調やホルモンバランスの変化によって増減することも珍しくありません。体調に合わせて使い分けられるように、ジャストサイズのブラジャーに加えて、少しゆとりがあるサイズのブラジャーも用意しておくと安心です。別売りの延長ホックを用意しておくと、生理前の浮腫みなどでアンダーバストがきつく感じられるときに役立ちます。身体を横から見たときに厚みが少ない体型の人は、メジャーで計測した寸法を基準にしてブラジャーを選んでも、しっくりと来ない場合があります。そんな時には、カップのサイズを一段階小さめ、アンダーバストのサイズを一段階大きめにしてみると、綺麗にフィットする場合があります。左右でバストのボリュームが違う人は、取り外しが可能なパッドを使うと、簡単に微調整を行うことができます。バストを豊かに見せたいときや、中央に寄せて谷間を作りたいときにもパッドが活躍しますから、一組持っていると便利です。