必ず試着しよう

アンダーバストは変えない

胸を測る人

胸が大きくても小さくても女性にとっては悩みのタネになりやすいのは、ブラジャーのサイズ選びです。トップバストとアンダーバストを正確に測ったのにもかかわらず、いざブラジャーを選ぶ段階になると、どのサイズがいいのかわからずに悩む人は多いです。特に、ブラジャーのサイズ表記通りでない中途半端な計測結果があると、その数値が一体どのサイズにあてはまるのかわからずに悩んでしまいます。そこで、まずはブラジャーのサイズ表記についてきちんと知っておきましょう。ブラジャーのカップは、トップバストとアンダーバストの差によって決められています。また、ブラジャーのアンダーバストは、5cmほどの幅をもたせているので、65と表記されていても実際は62.5cmから67.5cmまでの人は着用できます。もし、サイズ表記にない中途半端な数値のときでも、四捨五入はせずに5cmのゆとりを考慮して選ぶといいでしょう。間違っても、ワンサイズ上のアンダーバストのブラジャーは選ばないように注意しましょう。ブラジャーのサイズが合わずに調節したいときは、カップサイズのほうで調節するのが正解です。アンダーバストが70cmならアンダーバストはそのまま70cmのものを選び、カップサイズをAカップからBカップやCカップへと変更して試着してみます。つけてみて、しっくりくるものやつけていて楽と感じるなら、ちょうどよいということになります。ブラジャーは、各メーカーや製品によっても同じ大きさのものでも若干の違いはあるのが普通ですので、必ず試着してから購入しましょう。

体型の変化に合わせて

胸部測定

ブラジャーのサイズを測った事のある女性は世の中に多いと思いますが、一度測ればいいというものではありません。体重程は頻繁に測らないかもしれませんが、体型に変化が現れた時や下着自体が変化してきたら、再度ブラジャーのサイズを測って、買い換える必要があります。バストの組織の一つに脂肪が挙げられます。脂肪が胸につくことによってバストが膨らむので、それによってブラジャーの大きさが決まってきます。また下着の変化とは、ゴムやホック部分、生地の傷み具合を観察します。では、サイズの合わないブラジャーを身に付けていると、どの様な事が起きるのでしょうか。まずバストの形が悪くなります。垂れの原因にもなります。肌のスレや肩こりの原因にもなります。バストの形をつくる組織としてクーパー靭帯というものがあります。例えばバストが大きくなった場合、それを支えきれないブラジャーをしていると、クーパー靭帯が伸び切ってしまい、下垂れの原因になったりします。逆にバストが小さくなった場合や、体重が著しく減った場合は、サイズの合わなくなったブラジャーのワイヤー部分が痛んだり、カップがパカパカして肌荒れを起こすこともあります。ですから、体型の変化と共にブラジャーのサイズを測りなおす事はとても重要です。体型にさほど変化はなく、ブラジャーの着け心地として、アンダーのみが気になる場合には、ブラジャーの延長ホックもあります。窮屈感なく程よいアンダーサイズにできます。

自分の体に合うブラを使う

胸部測定

ブラジャーは自分の胸のサイズに合ったものを着けていないと、型崩れや垂れる原因にもなってしまいます。また、合わないブラジャーを使うことでワイヤー部分が痛くなってしまったり体への負担もありますので、正しいサイズ、合ったものを身につけるようにしましょう。ブラジャーのサイズの測り方を知っているでしょうか。基本的には、胸を持ち上げて、ブラを装着した状態のようにして測ります。自分で持ち上げる、または誰かに支えてもらうか、難しそうであればブラジャーを着けて測ったり、おじぎをした状態で測っても良いでしょう。測るときメジャーは斜めにならないように、鏡を見ながら測りましょう。トップサイズは持ち上げた胸の一番高いところから背中へ回してぐるりと一周測ります。いわゆるアンダーサイズと呼ばれるのは乳房のすぐ下の部分の胸囲です。このトップとアンダーの差でバストカップがわかります。カップとアンダーによってブラジャーのサイズは表記されています。アンダーについては前後共に5cm程度の誤差は対応できるように作られているので、そこまで神経質にならなくても大丈夫です。アンダーが73くらいの人であれば、アンダー70、75どちらでも使うことができるということです。しかし、きちんと試着してより合う方を選ぶのがベストではあります。また、S、M、Lサイズ表示のブラジャーの場合はどうしたら良いでしょう。ノンワイヤーブラなどに多い表記です。だいたいSの場合アンダー65〜70のトップが77〜80、Mはアンダー70〜75、トップが83〜88、Lがアンダー75〜80のトップが88〜93程度が目安とされています。メーカーやデザインによって差は出て来るので、通販などで購入する場合は注意して下さい。